正しいお風呂の入り方

アトピー肌でお風呂を入る時は肌を傷つけないよう、気をつけなければいけません。アトピー肌で入浴することについて説明します。

泡立てるまずは泡立てることが重要です。固形せっけんの場合にも液体せっけんの場合にもネットで泡立てるとよいでしょう。泡立てることが面倒な場合には、最初から泡立っている状態のものが出てくるタイプが便利になります。せっけんの種類は皮脂に刺激が強くないものにしましょう。また身体を軽く濡らしたあとは泡を使って洗いましょう。

洗う時に注意することは直接肌にせっけんをつけることです。弱っている肌には刺激が強すぎることから直接身体につけないようにしましょう。洗う時にも皮膚を傷つけないことを考えて、硬いタオルで身体をごしごし洗うことはやめるようにしましょう。身体を流すことも非常に重要です。身体を流す時にはぬるめのお湯で流しましょう。もしも流し足りない場合はせっけんが皮膚に残ってしまい、刺激になってしまいます。また熱いお湯は皮膚にダメージを与えるでしょう。

身体をふくときにはこすらないことを意識しましょう。優しく包み込むように拭くことで肌への刺激を減らすことができます。

このようにお風呂に入る時も注意をすることによって肌への刺激をやわらげることができます。

 

お風呂後のスキンケア

入浴をしたあとは、皮膚の脂分が洗い流されてしまうから、入浴した後の肌のスキンケアは重要になります。そのことから何もしないままでいると、脂分がないことから皮膚が乾燥します。

まず入浴が終わったら保湿剤をつけることを習慣化するようにしましょう。お風呂と保湿剤を塗れば大丈夫です。保湿剤はすりこむように強く塗るのではなく、優しく手のひらで広げましょう。

保湿剤保湿剤には色々な種類があります。よくのびるものや、あまりベタベタしないものなど好みに合わせて使いやすいものを選びましょう。また保湿剤にも種類があり、油膜をはってから水分の蒸発を防止するタイプの保湿と、水分を保つための物質を塗る保湿があります。どちらがいいかわからない場合は医師に相談したり、医師から処方された保湿剤を使うのが一番よいと言えるでしょう。

保湿剤は基本的に肌の表面を一時的に保護するのみで、肌のバリア機能を高める働きをするわけではありません。そのことから保湿剤が洗い流されてしまうと、再びかゆみが出てきてしまいます。保湿剤を正しく使い、弱っている肌の表面を守ることが大事です。その間に肌が自分の力でバリア機能を正常化させることが保湿剤の狙いになります。

〔関連リンク〕アトピー